Entry

石橋を叩いて渡る。

  • 2020/09/16 16:45
  • Posted by HOYU

yjです。趣味のひとつとして、大分県内の「石橋巡り」をやっております。

本日は、ひとつだけ、紹介させてください。

  20200916131101.jpg 「明正井路第一拱石橋」1919年竣工

竹田市内から高千穂に向かう、道の途中に忽然と姿を現します。

6連アーチの美しい造形美は、周囲の自然環境と融合し、威風堂々、「凛として」佇んでいる姿に

感動を通り越して、何か神聖な、おごそかな気持ちになりました。土木学会選奨土木遺産です。

101歳ですが、農業用水の通水路として現役バリバリで活躍中!!

重機など無かった時代、当時の施工技術の高さには目を見張るばかりです。

 しかし、相当の難工事らしかったみたいで、設計に従事した技師は心労の為、自ら命を絶ってしま

うという、悲しい出来事も発生しています。苦労の連続であっただろう、工事関係者をねぎらうよう

に、石碑には設計者、現場監督、石工らの姓名が彫られていました。

      20200916131208.jpg

 

 

 

Pagination

Utility